【価値観】アップデートをし続けること。学ぶこと。

雑記

こんばんは。かくたです。
本日は飲食関係のインタビューを受けてみました。初めてのことで自分を客観視でき、面白かったです。

さて。
私も決して若い!と自分から言える年齢ではなくなってきました。とはいえ、まだまだ若輩者であることは確かで、引き続き研鑽していかなければならないと思っております。

とはいえ、30歳も近くなってくると、次の世代のことを考えることが無意識に増えてきました。
リコードのおかげでたくさんの子供たちと日々触れ合うことが出来ているのもその一因かもしれません。
自分も子どもを持っていてもおかしくない年齢です。自分の子が出来たとして、その子になにをしてあげられるのか、その子の友だちになにを伝えられるかなどは日々なんとなく考えてしまうものです。

いつの世も若者と御年寄は対立構造にあると思います。それは誰が悪いとか誰が良いとかではなく、仕方の無いものだと私は感じます。

しかし、どちらかがどちらかを蔑ろにするのではなく、両方ともの価値観を受け入れられる人にはなりたいと思います。
極論ですが、人間は違っていて当たり前です。だからこそおもしろいのです。
その違いを活かしてこそ、地域コミュニティの発展であり、これからの人口減少社会で必要とされているものなのです。

私はこれを信じ、やり続けます。
それでは。

タイトルとURLをコピーしました