【萩山町】散策してみて感じたこと

雑記

こんばんは。かくたです。
本日は1日維新塾でした。学校教育についてしっかりと学べました。

さて。
本日は微妙な時間だったので、いつも使っている久米川駅のひとつ手前小平駅で降りて、散策しながら帰りました。

この辺り一帯は萩山町と呼ばれ、西武拝島線・多摩湖線萩山駅と西武新宿線小平駅を利用する方が多いです。小平駅は正確にはお隣の小平市にありますが、ほぼ市境にあるので、利用される方が多いです。
私も引越し先の候補地のひとつとして萩山町を探していたこともあります。

少しだけ萩山町と私の関係性についてお話すると、父の姉つまり叔母さんがクリーニング屋をやっているのが、萩山町になります。「イイノクリーニング」という名前なので、お近くの方はぜひご利用ください。

話を戻すと、萩山町は駅があるにも関わらずあまり栄えてはいない印象で、住宅が多いというイメージでした。散策してみたところ、それ以外にも公園が比較的多いこと(本町や栄町に比べると)、そして大きいことが上げられるかと思います。

一方で見て回ったところ、まだまだその公園を活かしきれていない気がしました。
公園に関しては、官民連携事業、通称PPPによって、今年度より民間事業者に運営が委託されます。この審査や応募企業に関して、私も少しだけ関わっておりますが、この民間委託によってどれくらい変わるのかが焦点になってくるかと思います。

萩山町をはじめ、東村山市はベッドタウンとして開発され、一軒家を建てたい人や終の住処を探している方が東村山に住むということが少し前までありました。
昔ならそのベッドタウンで良かったかもしれませんが、やはり人口が減っている昨今。どうやって魅力を創出し、選んでもらえるかが近々の課題となっています。

包括的な開発が期待されますが、いち民間人として、いち商いをするものとして、引き続き頑張っていきます。

それでは。

タイトルとURLをコピーしました