【電気】節電もだけど、発電も

雑記

こんばんは。かくたです。
本日は一日作業をしておりました。

さて。
今日明日と天候により、電気が足りなくなる可能性があるようです。今の時代、電気がないことは全く考えられませんが、予期せぬところが停電するよりは、自分たちで少しづつ節電した方が精神的にも楽だと思われます。
私も少しでも節電できるように頑張ります。なにより、省エネにもなり、節約にもなります。

電気を使わないようにするということも大切ですが、いつまでもこのままでいる訳にはいきません。電気の供給を増やす方も考えていかないとです。発電量を増やさないと今までの社会経済活動を行うことができなくなります。

では、なぜ電気が足りなくなっているのでしょうか?
それは先日の地震の影響とウクライナ情勢によります。

地震により火力発電所が使えなくなっていること。そして、ロシアからの燃料の輸入をやめていることがあげられるようです。
ロシアへの経済制裁は今後もっと厳しくなっていくと思われるので、さらに供給される電力が減ることは確実です。

日本には資源がありません。ですが、素晴らしい技術があります。それが原子力発電です。
世界に誇れるこの技術を使わずにいるのはもったいないですし、今現在電力の足りない状態で、稼働させないのはなぜなのでしょうか?

もちろん福島第一原発のようなことも起きるかもしれませんが、人災とも呼ばれていますし、それを差し引いても首都圏の電力が不足し、一気に止まるよりはいい判断だと考えます。

核共有の話もそうですが、一概に悪い!とだけ主張し、最善策を取らないのは、思考停止にも程があると思います。
現実を見て、どうするべきかを考えていきたいですね。

それでは。

タイトルとURLをコピーしました