【没頭】一つに没頭する強さ

雑記

こんばんは。かくたです。
本日は一日リコードにて。餃子選手権でした。

さて。
餃子選手権をリコードで行ったのですが、その中で餃子のやーまんという方が初参戦しました。

彼女は餃子に救われたことがあるようで、以来餃子を愛してやまないそうです。
その没頭力たるや凄まじいものがあるなと感じました。

私はこれまでもそうでしたが、「これ!」と言ったものがありません。かっこよくいうのであれば、ジェネラリストであり、かっこ悪くいうのであれば、飽き性なのです。
ですので、一つ何かを持っている人は尊敬にしてしまいます。

何かあった際に、そこに帰ればなんとでもなるというものがあることは本当に心の支えになります。キャンプが好きだったり、サウナが好きだったり、ひとり飲みが好きだったり、餃子が好きだったり、好きなものがあって、一途なことはとても良いことです。

きっとこの先も私はこれというものがなく、生きていくのだと思いますが、それはそれで許容しつつ、新しいものを模索していけたらなと思います。

それでは。

タイトルとURLをコピーしました