【地域】それぞれのコミュニティが存在しているということ

雑記

こんばんは。かくたです。
本日、そして明日は秋田県は鹿角市にいます。

さて。
鹿角市に来たのは、大きく3つ理由があります。

①リコードでイベントした人に誘われたから

リコードで以前イベントをしていた「ブルーコーンタコスバー」があります。
その大学生・大学院生に誘われ、今回は鹿角に来ています。彼らは国産のブルーコーンを作ろうと奮闘しており、日々仲間を探しております。
秋田県は初めて行きましたが、彼らの力の入れ方を見ることができました。

②新規事業のため

二つ目は新規事業のためです。
ブルーコーンの彼らと何か事業をやろうということで視察も兼ねて行ってきました。

東村山よりも田舎の街で起業したことがないので、どうなるかわかりませんが、少しでも何かできると面白いなと思います。もしかしたら、東村山と鹿角の二拠点生活なんてことになるかもしれません。

③地域コミュニティを見てみたかったから

1番の理由はこれです。
地域コミュニティ研究家として、各々の地域にすでにあるコミュニティは非常に興味があります。

どのような人がいて、どのようなことをやっているのか。なにを中心に集まってきているのか。コミュニティの大義はなんなのか。それぞれの地域によって大きく異なります。それを今回は見てみたいなと率直に思いました。

こんな理由でやってきた鹿角ですが、想像以上に感じることがあり、成果がすでにあったなと感じております。
明日も楽しみながら、勉強していきます。

それでは。

タイトルとURLをコピーしました