【ウクライナ】日本もすぐこうなる。

雑記

こんばんは。かくたです。
本日は、夜になぜか3つも会議がありました。

さて。
ついにロシア軍がウクライナに攻め入りまして、全面的な戦争となっております。ロシアは民間人には被害を出さないと言っていますが、そんなことは絶対に不可能なので、非常に気がかりです。

遠いヨーロッパで起きてる戦争は日本には関係ない。と思われる方も多いかもしれませんが、全くそんなことはありません。
日本も同じくロシアを隣国としている国であり、なによりも北方領土があります。北方領土は第二次大戦末期。日本がもう何も出来ないと考えたロシアが急遽参戦し、半分を占領。そして、降伏後残り2つを占領した島々です。未だに不法占拠を続けており、戦後75年経った今でも解決策は見いだせていません。

ロシアが今回ウクライナに侵攻したことは、明日の北海道や日本でも起こり得ることです。
大義名分として、「北方領土に住んでいるロシア人の命が危ないから、北海道を攻める」という言い訳をして、攻めてくる可能性も十分にあります。今回のウクライナのように。

また、同じく隣国の中国も日に日に経済成長とともに、尖閣諸島をはじめ日本への圧力を増しています。さらには韓国の竹島もそうです。
全く対岸の火事ではないのです。

「ひとつくらいあげてもいいじゃん」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ひとつあげると全て取られる可能性があります。ひとつの国に攻めいられたら、他の国が追随してくる可能性もあります。

それを防ぐためにも、日本は抑止力として、もっともっと軍事費を強化していくべきです。軍事費を増やしていくためにも経済成長が必須です。
お金が無い国に自国は守れません。お金を得るためには、経済成長しかありません。
極論かもしれませんが、防衛のためにも日本も核を保有した方がいいのではとも考えてしまうこともあります(もちろん核兵器を落とされた唯一の国として先導を切っていく必要はあります)。

平和のためには、抑止力が必要で、そのためには防衛費を増やしていかなければなりません。そのお金を増やすには経済成長が必須です。

失われた30年で経済成長を失いましたが、今度は国土を失い、さらには日本自体が失われてしまうのではないかと思うと気が気ではなくなってしまいます。

よりよい日本のためにも、経済成長。そして、防衛費増額を願います。
それでは。

タイトルとURLをコピーしました