【仲間】チームを失う怖さ

雑記

こんばんは。かくたです。
本日も引き続き1日東村山にて。色んなことが前に進みました。

さて。

本日感慨深かったのは、チーム作りについてです。

飲食店をありがたいことに2店舗(この数え方が正しいか分かりません)経営させてもらっていますが、それは働いてもらっているスタッフがいるからこそ成り立っているものです。
なので、スタッフには頭が上がりません。私が気づかないこともやってくれていたり、いつの間にか仕組みを作ってくれていたりします。

チームというものは時にトップダウンであり、時にフラットでなければならないと考えております。
代表や主催が最後は責任を取る。という形が見えて、スタッフも自分が思うようにやり、表現し、自分を活かした営業をしてくれます。
この考えにたどり着くには色んなことがありました。

私も何度かチームを失う経験をしています。その度に次は失敗しないぞと意気込み、今日までやって来ました。それでも至らない点は多々ありますが、発展途上でもありますが、少しづつ仲間が増えてきました。
そこには認めるということも大事であったり、自主性に任せるということも大事であったりします。ただ、その歳分というのは人によって大きく異なるので見極める必要が大いにあります。

偉そうなことはまだまだ言える立場では無いですが、これからも少しづつチームを大きく、そして機動的にできるように努めていきます。
それでは。

タイトルとURLをコピーしました