【経済成長】守るところと攻めるところ

雑記

こんばんは。かくたです。
本日は、塾の講義に参加したり、夜はリコードでイベントでした。

さて。
私は銭湯が好きです。

大きなお風呂で、文字通り裸の付き合いで、いろんなことを話すことができる。
スマホから離れ、いろんなことを忘れて、お風呂に入りつつ、自分と向き合うことができる。

そんな理由から好きです。

普段スマホやパソコンなどのデジタルディバイスに囲まれており、常に誰かと連絡が取れることはいいことでもありますが、反面オンとオフがなく、病んでしまうこともあります。

銭湯はそれを強制的にシャットダウンできるので、ありがたい存在です。
少し前くらいから経営者の中でも、サウナが流行っており、整いブームもあります。

サウナや銭湯は自分と向き合うのには最適の場所であり、社交の場としても最適な場所です。

そんな銭湯は東村山市内には現在一つしかありません。
その経営者の方ももうご高齢ということで、いつまで続くかわからないという話も聞きました。銭湯が大好きな人間の一人としては、なんとかして残していきたいと思っています。

それでは。

タイトルとURLをコピーしました