【ミッション】合同会社リコードの使命

雑記

こんばんは。かくたです。
本日は1日永田町でした。まだまだ考えることはいっぱいありそうです。

さて。
3年の時を経て、法人となったリコードですが、そこにはミッションが存在しています。前々から色んな方にはお話をしているんですが、改めて紹介させてください。

リコードは造語で、LiCoDと表記します。Library、Community、Dreamの頭文字を取っており、英語にすると「be at Library with your Community for our Dream」の略です。日本語だと「好きを、遠慮なく言える場所。」を訳しています。

前説が長くなってしまいましたが、要するになにかやりたいこと、成し遂げたいことがある人に対してサポートをする。そのために、自分の好きなコミュニティを形成して、夢を叶えていくという意味が込められています。

この名前にしたのには、背景が実は存在します。
現代では、フリーランスと呼ばれ自分で仕事を選ぶ人が増えてきましたが、それでもまだまだいやいや仕事をやっている方や生活のために仕方なくサラリーマンをやっている方も多いかと思います。
私も数年前まではそうでした。酷い時は朝8時から夜中の2時まで働き、休み無しということもざらでした。

しかし、少しだけ頑張って会社員をやめて独立してみたところ、見える社会が全く変わったのです。
だれしも夢ややりたいことを多少なりとも持っています。リコードはそれを後押ししていく。まずは一日店長やプチ起業から。
そこから少しずつ自分でやりたい事業を作っていく。

そんなサポートを少しでもして、日本が少しでも豊かな国になるようにと考えています。

とにかく生きづらい、会社の往復だけで日々を終えてしまっている人々のために、少しでもなにか役に立ちたい。夢を応援したいというのがリコードのミッションです。

そのミッションに合う事業を今後も展開していく予定です。
引き続き、合同会社リコード、かくたかづほをよろしくお願いします。
それでは。

タイトルとURLをコピーしました