【まん防】コロナから見る政局と今後

雑記

こんばんは。かくたです。
本日は一日東村山にて。みっちり地域活動してました。

さて。
ここにきてオミクロン株の感染者数が増えてきており、沖縄に続いて東京でもまん延防止等重点措置法が適応されようとしています。

オミクロン株の感染力はさることながら、実際に感染したあと重症化するのかどうかは、しっかりと見極める必要があり、それによってまん防や緊急事態宣言等も出すべきだと私は考えます。

やはり、小池都知事は政局を読むのがつくづく上手いなと心から感じてしまう部分でもあります。

素人ながら、勝手な予想です。

維新は先の衆院選で大躍進を遂げ、大阪の政党から少しだけ全国政党になりそうな雰囲気があります。

それをよく思わない人。それが小池都知事です。

同じ第3極として、都民ファーストの会やファーストの会を立ち上げ、都議選では勝利、衆院選では間に合いませんでした。

それもあり、ここに来て大阪や維新の勢いを殺すためにやってるのではないかと、少しばかり感じてしまいます。

どの世論調査を見ても維新の支持率の上昇は関係者もびっくりするほどです。
それを同じ第3極としてよく思わないのは当然です。

今後、このまん防が実際に出されるのか、そして緊急事態宣言になるのか、さらには営業自粛要請は出るのか。
非常に注目です。

それでは。

タイトルとURLをコピーしました