【経費】確定申告と文通費

雑記

こんばんは。かくたです。

本日は1日東村山にて。

さて。
国会議員の文書通信交通滞在費が昨今話題となっています。

経費という扱いで、非課税で毎月100万円支払われるものです。課税なしかつ、使い道も公開義務がなく、申告義務もないので、「おこづかい」とも呼ばれています。

なんだか遠い話だなーと思ったんですが、いやいやそんなことない!我々個人事業主には身近な存在だ!と思ったので、このタイトルにしました。

そう。確定申告です。
個人事業主や年間で会社以外で20万円以上稼いだことのある方はやったことある、この確定申告。
目的は課税をするためですが、なにがいちばん面倒かというと、経費の精算なのです。

個人事業主はサラリーマンとは違い、収入そのものに課税されるのではなく、収入から経費を引いて、残った部分に課税がされるのです。

そのため、個人事業主は経費をどれくらい上手く使うかで納める税金が変わってくるのです。

ここで怒りが湧いてきました。
確定申告の経費がどれだけめんどくさいことか。それを国民の代表である国会議員がやらず、しかも非課税。意味がわからんですね。
確定申告をしながら、ふつふつと怒りが湧いてきてしまいました。

1回自分でやってみろ!と。

日本維新の会が使わなかった分は返納すると今言っていますが、個人的にはそんなことよりもまずは経費を公開しろと思います。

今日はこんなところで。
それでは。

タイトルとURLをコピーしました