【節目】3年間の想いと別れ

雑記

こんばんは。かくたです。
本日はまったりと過ごしておりました。

さて。
3年間が経とうとしています。

それは私が会社員を辞めて、独立してからの年数です。

今月が終わればちょうど3年となり、3回目の確定申告です。
思い返してみると、完全にノリと勢いで会社を辞め、ここまでやってきました。会社を辞めた当初は、少しばかりの不安と莫大な期待とともに辞め、表向きには副業が忙しくなり、時短もしくはリモートを打診しましたが断られ辞める流れになったと話していますが、そういう意味合いもある一方で、勢いの方が本当は強かったと思います。

お陰様で会社員を辞めてからというものの、お金に苦労するタイミングがびっくりするくらい多く、一瞬ホームレスになった時期や居候になった時期もありました。今となってはいい思い出です。
3年目にしてようやく自分のやりたいこと、自分が目指すべき道が見えてきそうで、拓けてきた気がします。

よく会社員とフリーランスは比較されますが、両方やった私個人の見解としては、圧倒的に会社員の方が今の時代は良いです。
コロナを機にリモートや時短も進みましたし、育休制度も日に日に良くなってきています。経営者側からすると、しんどい時代になったなと思う部分もありますが、被雇用者がほとんどのこの国では仕方がない部分でもある気がします。

ですので、私はもうこれ以上ダメだ…と思ったら、どこかの企業さんでお世話になる気満々で日々過ごしております。その時はぜひお声がけいただけますと幸いです。

こんなことを言いましたが、日々新しい展開や新しい事業をこれからも作っていきたいと考えております。
引き続きご指導ご鞭撻の程、何卒よろしくお願いいたします。
それでは。

タイトルとURLをコピーしました