【内省】自分ができることはちっぽけだけど、共にやれば大きくもなる。

雑記

こんばんは。かくたです。
本日は朝自宅最寄りの駅にてチラシ配り、その後は王子にてでした。

さて。
今朝こんなことをふと思いました。

私は飽き性な性格からか、あまり物事が続きません。そのため、いわゆる手に職というものを持っていません。

ただ一方で自負していることがあります。
それは人よりも様々な経験をしているということです。
高校生の時から、入部した部活が創部初の県大会に行ったと思ったら廃部になってしまったり、その後クラブチームと全く別の部活という2足のわらじをはいたり、大学ではマジックをし、関東学生マジック団体の代表を務めたり、内定先は超ブラック企業だったり、就職せずに留学、ワーホリ行って現地で創業したり、帰国してからも1文無しになったり、飲食店始めたり、政治家の秘書になったりと様々な経験をしています。

飽き性だからこそ、この経験を得ることが出来ました。この経験をもとにアドバイスできることもたくさんあるかと思います。

先にも書いた通り私には手に職がありません。しかし、上記の経験のように包括的に物事を見ることはできます。
だから、ツイートのように潤滑油として、「どうしたら上手くいくのか」「どうしたらその人の夢を実現することが出来るのか」を考え、実行に移すことができます。
これが私、かくたかづほという人間であり、最大の特徴にして全てです。

なにか困っていることがありましたら、ご気軽にご連絡ください。
それでは。

タイトルとURLをコピーしました