【選挙まとめ】12日間何となくまとめてみます

雑記

こんばんは。かくたです。
本日は衆議院議員選挙投票日。長かった12日間の選挙戦も終わり、投票に行ってきました。

さて。
今回は、12日間のまとめを徒然なるままに書いていきます。

突如として始まった衆院選でした。
これまで1年以上活動してきて、なかなか解散がこない、選挙がこないということで、もしかしたら選挙は来ないんじゃないかと思うほど、首を長くして待っていました。待ちすぎた気もします。

昨年の9月ごろからお手伝いを始めました。年明けくらいには自分の仕事もあり、やめようかなと思っていた時期もありました。しかし、そろそろ本当に選挙がくる。と俄かにささやかれていたので、そしたら最後までいようかなと思い、結局ずるずるいき、10月末の選挙まで手伝うこととなりました。

主にSNS、特にYoutubeを担当したんですが、難しさとの戦いでした。というのも、衆議院議員候補なので、議員ではありません。支部長という職にはついているので、日本維新の会所属ではあるんですが、悪くいうと意識高い無職です。取り扱う内容が一番大変でした。
前述の通り、議員ではないので、そこまでたいそれたことは言えない。一方で、公党所属のため下手なことは出来ない。そのジレンマの中で戦ってきて、なんとか毎週更新してきました。
チャンネル登録者もジリジリ増えてきて、400人程度まできました。ここからは代議士(衆議院議員)になったので、さらに伸びていくと思います。更新する内容を見つけるのも比較的簡単になっていくかと思われます。

今回の選挙戦においても、SNSの更新や動画の作成を主に請け負っていましたが、選挙戦自体がはじめてだったので、どのようにやれば良いのかよくわからず、直前をはじめ、期間中も様々な方にご迷惑をおかけしたかと思います。

それでもなんとか毎日SNSの更新をし、動画もアップ。最後の動画も6万再生までいくことが出来ました。それがどれくらい実際に票に繋がったかは分かりませんが、それでも少なからず効果はあったかと思います。

SNS以外にも日中は基本的に外に出て、街頭活動をしていました。ビラ配りから、マイクを持って喋る、さらには街宣車の上から話すなど、なんでもやったかと思います。おかげで少しは話せるようになったかと思います。

外でも中でも12日間ぶっ通しでやったのが、大学のサークル以来だったので、なんだか懐かしい気持ちもありつつ、いつまでもこんな体力勝負はしていけないなとも思いました。

次もし手伝うことがあるのであれば、今回よりは戦略的に出来そうなので、要望があった際には対応していきたいです。
それでは。

タイトルとURLをコピーしました