【イケメン降臨】吉村府知事を間近で拝んだけど、それ以上に感動した。

雑記

こんばんは。かくたです。
本日は、主に北区赤羽で活動し、最後は大阪府知事の吉村さんより魂の演説がありました。

さて。
昨年のコロナ騒動あたりから脚光を浴び始めた吉村副代表。日本維新の会では副代表を務め、大阪では府知事をやっています。そのイケメンぶりから、追っかけもいるほどだったんですが、それはさておき、話がとてもすっと入ってきたのが一番印象的でした。

吉村さんが育ったとき、そしてこれからの日本は全く異なる社会になります。
高齢者の割合もどんどん増え、若者が減っていく。そんな中で今の年金などのシステムは持たない。だからこそ、若者がどんどんチャレンジできるような仕組みを作り、そこから成長をし、分配をしていく。それができて初めて、岸田総理の言う分配ができる。
と。

私が生まれた平成は失われた30年と呼ばれ、全く成長していませんでした。世界各国が成長をしているにもかかわらず。その結果、日本のGDPは中国に抜かれ、今では一人当たりGDPでは韓国に抜かれようとしています。

そんな中では、若者をはじめ、チャレンジしようとしている人は全く希望も持てずに前に進むことができません。そのために維新の会はベーシックインカムという制度を導入し、生活基盤を安定させ、さらには日本を停滞させている規制を改革していく。それを公約としてあげています。

日本がこれから成長するためには、その方法が不可欠であり、だからこそ大阪で改革をし、生まれた財源は子供に投資してきたとおっしゃっていました。

日本には資源はありません。あるのは人です。人に、つまり教育に投資をしないと今後日本は大変なことになります。私は少しでも明るい日本を見てみたいです。

タイトルとURLをコピーしました