【衆院選】いよいよ告示!そもそも衆議院てなに

こんばんは。かくたです。
本日からいよいよ選挙戦始まりました。
私は東京12区と呼ばれる北区、豊島区、板橋区、足立区に張り付けになります。お近くの方見かけたら、声掛けてください。

さて。
衆院選が始まりましたが、そもそも衆議院てなに?という感じかと思います。

私も実際のところ、最近までよく分かりませんでした。

簡単に言うと、
・国会議員の2/3を一気に決める選挙
・ここから総理大臣を選ぶ
・急にクビにされる
・落ちたら無職
という感じかと思います。

なので、日本全国的にお祭りぽくなります。この12日間で一気に国の方向性が決まるのです。
今回は珍しく4年の任期満了ギリギリでしたが、たいていは2年くらいで解散してしまうので、今回仮に受かっても、次回きちんと活動をしていなければ、すぐ無職という実はとてもとても理不尽な設計となっていて、背水の陣なのです。

だからこそ、いわゆる天下りと呼ばれる偉い人をもう一度登用する暗黙の制度があったり、世襲や地盤の引き継ぎなど選挙に勝ちやすいシステムがあったりするのです。

本来的には、もう1回国民の真意を問うというのが、衆議院解散総選挙ですが、実情はそうでもなかったりするわけです。

ただ、この選挙の後に日本のトップである総理が選ばれ、国の要職が決まっていくので、我々国民にとってはとても大事な選挙になります。

選挙カーなどうるさいと思う時もあるかもしれないですが、少しだけ注意して見てみると、おもしろいことが見つかるかもしれません。

それでは。

タイトルとURLをコピーしました