【初体験】PCR検査はこんなもん。

こんばんは。かくたです。
本日は、ワクチンの副作用で1日寝ていました。

さて。
先日、初めてPCR検査を受けました。

新橋にある「株式会社 東亜産業」が行なっている新型コロナウイルス PCR検査センターという場所でした。
あとあとから聞いてみると、なんと評判があまりよくないとのこと。先に知りたかったです。

クチコミは置いておいて。
受付、検査の内容はとてもシンプルでした。

事前に予約(平日は比較的空いているため、直前の予約でもいけるようです)をし、会場まで行く。会場といっても、トップの写真のような雑居ビルのテナントといった感じです。

到着し、バーコードを用意し、受付をする。
必要事項を紙に記入し、そのままお会計へ。民間のPCR検査は自費診療というか、完全に利益重視なイメージのため、現金とPaypayが使えました。

支払いを済ませると、唾液を採集するためのボトルとそれに混ぜるための液を渡され、その場でひたすらに唾液を出す作業でした。
聞いていた話だと大量の唾液が必要だから少ししんどいという前情報がありましたが、そこまで大変ではなく、難なく出すことができました。

その後、自分で唾液と、液を混ぜ、回収ボックスに入れる。
たったこれだけでした。

感想としては、その場でひたすらに唾液を出すのは、少し恥ずかしかったのと、受付の方が居酒屋のキャッチみたいで、チャラかったなという印象です。確かに評判があまり良くない理由はなんとなくわかります。

こんな感じで、一回目のPCR検査を終えました。
結果は翌日届き、無事陰性。

民間のPCR検査の場合、陰性か陽性かしっかり出るのではなく、可能性が低いという形で出るようです。

とりあえずはほっとしました。
それでは。