【創造】言語化の大切さ。改めて。

こんばんは。かくたです。
本日はワクチンからの人生初のPCR検査、そして雑務でした。

さて。
言語化することは改めて大事だと実感をしている日々であります。
特に今日、この本を読み終わり、心の底から感じております。

かねてより言語化の大切さは思ってきていて、それを感じたのは、大学卒業後、留学をしてからになります。
当時は初めての長い海外生活ということで、もちろん期待もありましたが、若干の不安もありました。特に新卒で就職をせずに、海外に留学、ワーホリに行った人間としては、「なぜ」その選択をしたのかが非常に重要になってきました。

1.5年の海外生活を終え、日本で就職するとなった際に、このなぜ新卒で就職しなかったのかという点について、面接でたくさん聞かれることは想定済みでした。その時に、自分の言葉でしっかりと相手に伝えられる力、つまり言語化力が鍛えられたんだと思います。

この時に培った言語化力がなかったら、これまで生きてこれなかったと思いますし、何度も道に迷っていたかと思います。やはり、言語化することによって自分を客観視することができ、今後の道標としても使うことができます。

人間は言語を会得してから一気に想像というものができるようになり、相手に意思を伝えられるようになり、文明が進化したと言われています。ということは、自分の周りや自分の意思などを言語化することによって、自分自身の未来が見えてくる、切り開かれていくことは自明の理であるかと思います。

私が毎日ブログを書くようになったのも、それが一因であったりします。
ブログを書くことで自分の意思を、自分自身で再確認する。自分で自分を理解するのに最強のツール。それが言語化です。

とにかくブログを書くことはおすすめです。
それでは。