【経済】お金を使う。社会を回す。

こんばんは。かくたです。
本日は1日東村山にて。今日でようやくまがりDEバナナ東村山本店が1周年でした。
ありがとうございます。

本日のほとんどを、助成金申請のために時間を使いました。疲れた。
金額が大きいので、通るとうれしいなと思いますが、一方で課題も感じました。

まずは助成金の種類が多すぎること。
国や都、市がやっているものが多すぎて、分かりづらすぎます。どれが今自分が使えるものなのかが1発で分からないので、申請するのに時間がかかってしまいます。

さらには、書類の多さと違うこと。
ものによって必要な書類が全く違います。しかも多いものでは何十点も必要になっています。加えて、提出期限やタイミングも異なり、この点でやはり専門家が必要になってしまうこと、そして、そこに癒着が生まれてしまうんだなとヒシヒシと感じました。

最後に、後払いであること。
全ての計画が終わってからの支給となっています。そのため、領収書をとっておかないといけなかったり、追い続けないといけなかったりします。
また、審査が通らないと事業は進められないため、それまでストップとなってしまいます。

以上、お金を使うタイミングで、助成金を初めて申請してみて、感じた点です。
もっとありそうですが、今回はこんなところで。
それでは。