【終戦】今を全力で。未来を創る。

こんばんは。角田です。
今日は、お隣の東久留米にあるスパジアムジャポンという温泉施設に行ってきました。
コロナ禍とは思えないくらい混んでいました。特に中高生が多かったです。

さて。
本日、8月15日は終戦記念日です。

戦後も76年になり、当時の大戦は段々と都市伝説のようになってきています。
特に私たち、ゆとりと呼ばれる世代では、歴史の授業も削られ、そこまで詳しく教えられることもなかった世代なのかもしれません。

歴史認識や価値観は人それぞれですし、人それぞれあっていいとも思います。ですが、万人が共通している認識があります。
それは戦争を「二度と」起こさないことです。

先の第二次世界大戦はたくさんの犠牲を出し、さまざまな国が侵略され、解体され、変化していきました。戦争の結果、そうなったという感じ方でも良いと思いますが、たくさんの犠牲の上で成り立っていることは決して忘れてはいけない事実です。
戦争や特攻などを美化するつもりは決してありませんが、間違いなく今こうして私が机に向かいつつ、ブログをかけるもの、先祖や日本を必死に守り抜いた方々のおかげです。そういった意味では、靖国神社の問題は問題ではなく、祖国を想う者として当たり前の行為です。

このように日々の生活が当たり前でないことを改めて認識し、今ある命を大切にしていきたいなと私は思います。毎日同じような日の連続ではなく、少しでも新しいことを、少しでも楽しいことを、少しでも地域のためになることを、少しでも日本のためになることを、やっていけたらと思っています。

8月15日。
私にとっては、誰の誕生日でもなければ、何かの記念日でもありませんが、今ここに私がいるのは理由があるということを胸にまた生きていきたいなと思います。
それでは。