【日本】食べ過ぎから見る経済成長

こんばんは。かくたです。
本日は、地元のおじさん、おばさんたちとデートでした。

さて。
食べすぎました。久々にこんなに食べました。
家系ラーメンの大盛りに〆のご飯、まさかのその後の不二家でのケーキ食べ放題。
小麦にやられました。

日本でないと、こんなことはできなかったんじゃないかなと最近感じているんですが、改めて日本はすごい国だなと思います。

先日、ブログにも書きましたが、メンタリストのDaiGoさんが炎上していた生活保護。
これが日本を日本としてる所以であるとも思います。生活保護制度があるから、どんな人でも生活していける。さらには国民皆保険。これがあるから、民間の保険に入らなくてもなんとかなる。
本当にすごい国です。

一方で、世界と比べた時にGDPの成長率や物価上昇率などで圧倒的に負けており、平成の30年でほぼ横ばいです。
その結果、外国から土地を買われ、世界では戦えなくなってきています。

これからは、さらに世の中が変わると言われており、ここ30年で産業革命が2回起きるレベルの変化が起こるとも言われています。
そう考えると、我々の生活が一変する可能性も十分に考えられます。

改めて、自分が大切にしたいものを大切にできる生活をしたいなと思います。
それでは。