【DaiGo】炎上から学べること

こんばんは。かくたです。
本日は、動画編集、そしてリコードでした。エヴァなぞ。

さて。
昨日あたりからDaiGoさんが炎上しています。要約すると、ホームレスや生活保護者には生きている価値がない、そんなところに税金を使われるくらいなら、猫ちゃんに使ってくれ。彼らはなんにも役に立たないけど、猫ちゃんは癒してくれるから。
みたいな内容だったかと思います。

賛否両論あり、特に否の方が多いです。このブログでは賛否は触れません。
あの炎上からなにが学べるのかまとめていければと思います。

・分からないことには、首を突っ込みすぎない
・謙虚な姿勢を持つ
・適度なコミュニケーション
・本ばかりが全てではない
・叱ってくれる人生の先輩を見つける

今回の事件は、ひとえに猫ちゃんを守りたい一心から、発展しすぎてしまい、あのような意見になってしまったと考えています。知らないことを知ってるように語ることで、ミスした時にとんでもない事になるよと私たちに教えてくれたものだと思っています。

また、適度な関係の人との適度なコミュニケーション、叱ってくれる人生の先輩がいることも大切なことだなと感じました。
人間どうしても同じような人と関わり続けていると、思考が偏ってしまいます。そのため、一面的な意見しか持てなくなる傾向にあります。
そんな時に、叱ってくれる人生の先輩がいることで、方向修正をしてくれる、ズレていることを教えてくれるという大切な側面があります。会社員の方は、会社の上司や先輩で良いかと思いますが、フリーランスの場合でもいることに越したことはないでしょう。

さらには、本ばかりだと知識が偏るという点もあげられそうです。DaiGoさんの収録部屋には大量の本があります。すごい数の本を読むそうです。それ自体は非常にすばらしいことですが、本は自分の好きなものばかりを読む傾向があるので、先ほどのコミュニケーション同様偏ってしまいがちです。
加えて、本は結論が分かりやすく書かれているものが多いです。なので、思考力を高めるという面において、本ばかりでは難しくなります。
それよりも、実際に人と話して、その場の雰囲気やノリでしか話せないような会話を楽しみつつ、学んだ方が人生の糧にはなりやすいと思います。

以上、今回の炎上から学べることをまとめてみました。
今回に限らず、私はこのようなことがあったときには、どうして起こったのか、どうすれば良かったのか、これから学べることはなんなのか、を常に考えるようにしています。

そうすることで、いざ自分が何かをしてしまったときに、役立てることができるからです。
備えあれば憂いなしですね。
それでは。