いわゆる昭和おじさん。今後の行方は

こんばんは。かくたです。
本日は、北区にて、そしてリコードでした。店長がいなかったので、ワンオペ全開で回しました。つかれた。

さて。
先日より、メダリストの金メダルを許可なく無断で噛んだ名古屋の河村市長が話題になっています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7a80be0b72c2e264ce804e8065c93573a85c7375

「コロナなのにどうなってるんだー!」や「親父が噛んだやつ汚い。かわいそう。」など物議を醸しております。

翌日すぐに謝罪していますが、本人としては納得いってないんじゃないかなと思います。

それはなぜでしょうか?

よくセクハラまがいの発言をする上司や女性に対する扱いが前時代的な方が話題になりますが、どうしようもないと私は個人的に思います。
だって、昭和の時代にはそれが当たり前だったんですもん。そのまま令和になっても、彼らが権力を握り続けている限り、このような事件は根本解決はしないと考えます。

私でさえ、現在27歳ですが、20歳前後の方と関わる時の距離感は相当気をつけています。
彼らと価値観や捉え方が違って当たり前で、それを正確に私が理解できていないからです。
一方で、市内やいろんなところで、昭和おじさんと対峙することも多々あります。私でさえ、「ん?」と思うことがあるということは、他の人がもっと疑問に感じている可能性があります。

トップダウン的に、やれSDGsだ、やれLGBTQだ、やれダイバーシティだと言っていますが、これを言っている大半の方は、この昭和おじさんである、ということを我々は忘れてはいけないなと思います。

少し話は前に戻りますが、それでは根本解決するには、どうすればいいのでしょうか?
もちろん今回のように声を上げることも非常に大切ですが、それよりも昭和おじさんの方々に、席を譲ってもらうことが根本的な解決策になり得ると思います。
ある程度彼らが理解できないのは仕方の無いことなので、彼らを責め続けるのではなく、自分たちの意見が、価値観が当たり前の社会にしていく。
少し遠回りな気がしますが、実は最短距離かもしれません。

それでは。