【嘆願】おいしい料理は正義

こんばんは。かくたです。
本日はリコードにて1日お惣菜バーでした。おいしかった。

さて。
私もイベントバーという飲食店の端くれを営業していますが、常々思うことがあります。

それは
「普通に営業したい」
ということです。

緊急事態宣言や時短要請などによって、飲食店はもう1年近くまともに営業できていないのではないでしょうか。
もちろん協力金もありますが、お金だけではありません。飲食店は一種のセーフティラインのような働きをしていることも多く、地域コミュニティと相互に関わりながら営業していることがほとんどです。
例えば、アルバイト先で真っ先に飲食店が浮かぶものそこに当てはまります。また、スナックのように常連さんが通っているお店も地域コミュニティの想像という面では一役買っているわけです。

しかし、昨今のまともに営業できない状態では、たとえお金がもらえたとしても、そのような機能が発揮できません。
今日営業して肌でしっかりと感じました。

「普通に営業したい」
と。

風評被害などで外食しづらくなっている空気感もあると思います。それらが早くなくなるような世界になればいいなと心から切に願っています。
それでは。