日本を良くすること。政治を変えていくこと。

雑記

こんばんは。かくたです。
本日は、午前中お勉強会、午後はリコードでした。

さて。
今回は、その午前中に参加したお勉強会のお話です。

巣鴨にあるRyozan Parkのコミュニティマネージャー中島さんにお誘いいただき、「これからの政治と選挙のはなし」という座談会(?)に参加してきました。
Ryozan Parkは巣鴨でコミュニティを創造している企業であり、コワーキングスペース・シェアハウス・シェアキッチン・シェアオフィスなどを展開している企業です。私はその中のコワーキングスペースでカフェをやらせていただいています。
そんなご縁から今回お誘いいただきました。

選挙といえば、みなさんどのようなイメージを持たれるでしょうか?
わーわーやってなんだかうるさいなーというイメージがほとんどかと思います。

この会では、そもそも選挙ってなんのためにやるんだっけ?その先の政治ってだれのためにやるんだっけ?ということを深堀していき、今の政治をアップデートさせていくことをお話しました。

議員さんもそうですが、選挙に全く関わったことない方が参加していたのが非常に印象的でした。
自ら拾いにいかないと情報が取れない。取ろうと思ってても量が莫大で取り切れない。そもそも情報発信している人が少ない。
というご意見でした。

至極真っ当であり、本来はこの点をしっかりと政治家が考えていかなければならないのですが、政治家は政治家で特に既存政党の方は選挙の投票率が上がると落ちる可能性が高くなるので、そういうことをしません。
どこを向いて仕事してるの?という疑問しか浮かびません。

まずここを少しでも変えていかなければならないなとひしひしと感じました。

また、民間からでもできることはたくさんあるなと感じた日でもあります。
いち民間人として、前に向かって引き続きやっていきます。

それでは。

タイトルとURLをコピーしました