【ライフハック】期待しすぎない方が楽に生きれる。

こんばんは。かくたです。
本日は、朝バナナをお休みし、昼から北区にて、夜はリコードでした。

さて。
あなたは人に期待をするタイプでしょうか?はたまたしないタイプでしょうか?

私はいい意味で人にも自分にも期待をしていません。
大学の専攻が心理学で、特にポジティブ心理学というどうしたら人は幸せになれるのかという分野を研究していたこともあり、どうしたら幸せになれるかについては一般的な人よりも知見があると思います。

人に期待をしてしまうと、どのようなデメリットがあるのでしょうか?

・他責になる
・変えられると思ってしまう
・裏切られる
・依存してしまう

他責になる
人に期待しすぎると他責になります。こんなことくらいできるはずなのに、何でできないんだマインドですね。全部その人のせいにしてしまいます。例えば、部下が言ったことをやらない場合、取引先にうまく伝わっていない場合、伝える側であるあなたが悪いことがほとんどです。
だって伝わってないんですもん。相手としては、一生懸命理解しようとして、やってみたが、間違っていた。こっちが悪いですね。これくらいで伝えればわかるはずだと思い込み過ぎないようにしましょう。相手にとっても、あなたにとっても悲しい結果になってしまいます。

変えられると思ってしまう
これもそうですね。相手に期待してしまうと、変わってくれるのでは?と感じてしまいます。まず断言しますが、人はそんなに簡単に変わりません。あなたの一言では変わりません。変えようと思うのではなく、こちらの捉え方を変える方が何十倍も建設的です。

裏切られる
これは相手に勝手に期待してしまった結果起こるものです。
勝手に期待しておいて、期待を裏切られたとか虫が良すぎる話です。相手のためにも自分のためにも期待はやめておきましょう。

依存してしまう
一番最悪なケースですね。
相手に期待し過ぎた結果、依存してしまう。一番厄介なやつです。ほどほどにしましょう。

逆に自分に期待し過ぎてしまうとどうでしょうか?

・過大評価してしまう
・結果、自分を追い詰めることになる
・相手とうまくいかなくなる

私の場合、何かむしゃくしゃするなと感じるとき、うまくいかないときは、だいたい無駄に自分に期待をしているときです。適度な期待は自信へと変わるので、あってもいいかと思います。正確にいうと、自信は期待からくるものでは無く、過去の積み重ねによってくるものなので、性質が異なるものですが。

とにかく、あまり期待をし過ぎない方がいいです。
期待すると、自分や相手に対して勝手にハードルを上げてしまい、それを超えた場合、当たり前と思うだけ、超えなかった場合、失望するだけです。だとしたら、そのハードルをそもそも設けずに、できたらできた分だけ評価し、できなかったら、それを普通とした方が、自分にとってハッピーですね。

今後も、ご要望があれば、時々心理学的な幸せになる方法について書いていこうかなと思います。
今日はこんなところで。それでは。