【絶対】新しい繋がりは偶然の方がおもしろい

こんばんは。かくたです。
本日は、朝バナナからの1日巣鴨でした。その後バナナむきむきです。疲れた。

さて。
コロナ禍において、出会い方というものが変わってきていると思います。

これまでは飲みの場や交流の場などで、偶然に出会うことが多かったかと思います。
それは不特定多数が一同に介することができたからです。
一方でコロナになってしまい、人と人との交流が断絶されてしまい、これまで集まれていた人たちが集まれなくなってしまいました。
その結果、新しい人と出会うこと自体が難しくなってしまい、それを補うように新しいサービスがたくさん出てきました。ビジネスマッチングアプリやzoomのブレイクアウトルームとかもそうだと思います。

しかし、必然でしかない出会いだと、必然しか生まれないことになんとなく気づいてきた方も多いと思います。
オンラインは所詮、オフラインを補うものでしかありません。やはり(少なくとも今の技術では)オフラインには勝てないのです。

偶然な出会いはオフラインでしか起こりえません。
そう考えると、どれだけオフラインの世界が大切かがわかるかと思います。

偶然な出会いのいいところは、自分が思って見なかったことが起こることです。そのため、新しいことが生まれやすくなります。新しい何かを始めるとなった際に、どのように始めるかは人によって異なると思いますが、たいていの場合、親しい友人と一緒にやったり、そうではなくても相談したりすると思います。
そうなってくると、やはり人と人との出会いは必要不可欠で最強ですし、それがないと何もすすみません。

リアルな出会いを偶然の出会いのできる場を作り、進めていくことができるような人間であり続けたいなと思います。

今日はこんなところで。
それでは。