【気づき】事業計画より想いが大切

こんばんは。角田です。
本日は、朝バナナからの、昼バナナ、夜はリコードでバナナでした。
バナナ漬けの1日でした。ウーバーも始まりましたので、ぜひ。

さて。
コロナで生活が大きく変わった方も多いとは思います。何を隠そう私自身もそうです。

ここまで大きく変わるということが予想できた方はおそらく一人もいらっしゃらないかと思います。人々の接触は絶たれ、家を出れない。遊びに行けない。そんな未来誰も想像していなかったかと思います。

事業をいざ始めようとした方にとってはさらに大きなダメージがあったかと思います。事業を始めたタイミングだったため、補助金や政府の援助も前年度の実績がないために、受けにくかったりしたと思います。

計画をしっかりと練ったのに全くそれ通りに行かない。そんなこともあったでしょう。
そんな世の中で改めて、事業や想いを形にしていくためには何が必要なのかということを今一度、自身に問うてみると、「想い」が大切なんじゃないかと改めて感じました。

想いがあれば、乗り越えられる。想いがあればやる続けられる。そんな感じかと思います。

私自身も想いを大切にしつつ、引き続き粛々とやっていきたいと思います。
それでは。