【憤り】3度目の緊急事態宣言。選挙には行こう。

こんばんは。角田です。
今日は、朝バナナからのYoutube撮影、そしてリコードでした。

さて。
つい先ほど3度目の緊急事態宣言が発令されました。

1回目や前回と違い病床数など疑問の残るところは多い中での発令となりました。違法性も疑われている中で、続報が待たれます。

イベントバーとして運営しているリコードにはとてつもなく大きなダメージとなりそうです。
イベントバーはその収益のほとんどをお酒でまかなっています。そのため、8時までの営業なおかつ、お酒の提供禁止となってしまうと、ほとんど売り上げが立たなくなり、潰れるところも出てきそうです。

よく「飲食店は休業すると協力金が出るからいいじゃないか」と言われることも多いですが、実際はそんなこともありません。店舗によっては12月分からもらっていないところもあり、リコードに関して言うならば、もらえるはずのものを一度ももらっていません。
ですので、飲食店バブルなどとも揶揄されますが、全くそんなことはなく、経営はオープンしてから常に赤字です。

店舗を借りた12月には1月後半くらいから徐々に回復し、なんとかなっていくかなと思っていたんですが、あったかくなりつつある4月でさえ、緊急事態宣言となると、この先が本当に不安です。せめて協力金がもらえることがわかり、一部でも振り込まれることがあれば、設備投資などにも回せるんですが、今は全くそれができていません。

その上に酒の提供禁止。すでに結構仕入れてしまったにも関わらず。
一体どうしたらいいのでしょうか。

今回の緊急事態宣言発令に関しては、飲食店でこれまでしっかりと要請に従ってきたお店でも、「今回はちょっと…」と感じている店舗も多いです。協力金がしっかりともらえることがわかったら、休業しますが、今はそれも定かではありません。

今回のコロナ騒動で、政治と生活がいかに密接に関わっているか身に染みて感じた方も多いと思います。選挙に行くことは自分たちの生活を守ること、創っていくことになるんです。
次の選挙は7月にある東京都議会議員選挙です。まずはここでしっかりと自分の意思表示をしましょう。そして、自分たちの未来は自分たちで切り開いていきましょう。

それでは。