【健康】何事も姿勢が大事って話

こんばんは。角田です。
今日は朝チラシを配り、整体を受けて、動画編集をし、リコードのマニュアルを作り、今にいたります。
久々にちゃんとデスクワークした気がする。

さて、今日は接骨院に行ってきたんですが、姿勢ってやはり大事だなと思いました。
東村山で仲良くさせてもらってる接骨院で、姿勢の矯正はもちろん、セルフケアの方法、身体の使い方を学んできました。

身体は若いうちからしっかりと自分でケアできるようになっていると、歳を取った際に楽になるみたいです。
私自身、猫背で姿勢が悪いのが代名詞だったというくらい姿勢が最悪なんですが、接骨院に行くと、自分でやるストレッチなど、簡単にできる方法なども教えてくれるので、少しくらいは維持するかと思うようになります。

それを繰り返していくことで、正しい無理のない姿勢になっていくようです。
また、身体の姿勢ももちろん大切ですが、物事に対する姿勢も大事だなと感じました。

上記のようなストレッチを受け入れるか否かは、当人が決めることです。
なので、それを受け入れない姿勢である方もいるようで、そんな人は一生きつかったりするみたいです。

物事を受け入れる姿勢も大切にしていきたいなと常々思っています。
よく30歳を越えると、思考が固まってきちゃうから、それまでに柔軟になっといたほうがいいよと聞きます。

私は現在27歳なので、あと3年弱くらいありますが、実は25歳の頃くらいから、この言葉が怖かったです。
30歳になったら、柔軟に考えられなくなるんじゃないかとという恐怖にかられながら、早2年が経ちました。

今のところ大丈夫そうですが、身体の姿勢とともに、しっかりと物事に取り組む際の姿勢も整えていきたいなと思います。

それでは。