緊急事態宣言延長

こんばんは。角田です。
本日は朝から足立区にて活動しておりました。
今はお家にいて、明日のイベントに備えています。
明日は東村山にあるパーラーマイニチさんでバナナジュースを振る舞います。

さて、本日緊急事態宣言延長が決定しました。みなさんはどう思われますか?
おそらく(理由は様々ですが)反対の方が多いと思います。ですが、世論の声となると「賛成」がなぜか多いです。それは一体なぜでしょう?

それは世代間差に他ならないと思います。テレビを付けてみると、延長はやむを得ないという意見がほとんどです。コメンテーター達のほとんどはスタジオにいるにも関わらず。
一方でSNSを見てみると、ほとんどの意見が延長反対です。

飲食店の協力金もよく話題に上がりますが、なぜ給付金額も行動制限も一律なのでしょうか?政府の怠慢と言ってしまえばそれまでですが、「みんな一緒が正しい」という日本の慣習のせいでもある気がします。
学校では同じような教育を受け、その中でどう過ごすかで大人に判断される。そんな教育を受けた人、作った人が国を動かしている。そう考えると、この「一律」ということも腑に落ちる気がします。
これまでは(すでに結構前だけど)工場でいかに効率的に生産するかが大事な世界でした。今は逆です。(少なくとも10年前から)創造性を持って、社会を変えていかなければならない状況になっています。そんな社会の仕組みをしっかりと取り入れる政策の人、政治家に次は一票入れたいなと思います。

それでは。