【穴場】オーストラリアワーホリ-おすすめの場所-

こんにちは。トニー(@tsumasyoku)です。

これまでオーストラリアのワーキングホリデーに関して様々な記事を書いてきました。

オーストラリア一周もし、ほとんどの地域にも行ったつま職。

そこで今回はシドニーやメルボルンなど、有名な都市ではないところに行きたい方向けに経験者が語る本当にワーホリで過ごすべきオーストラリアのおすすめ・穴場の都市についてまとめます。

【穴場】オーストラリアワーホリ-おすすめの場所-

オーストラリアにはたくさんの都市があり、地域や場所によって、全くと言っていいほど異なる様相をしていることがあります。

本当に同じ国なのかと思うほど、天候や過ごしやすさ、きれいさなどが変わってきます。

今回は『なにを体験したいのか』ごとにおすすめの都市をまとめていきます。

ケアンズ

日本に一番近く、年中暖かいので過ごしやすい地域です。

日本人も多く、ワーホリで過ごすはじめての場所としてはおすすめです。

ほどよく栄えており、街自体もコンパクトにまとまっていて、買い物がしやすかったり、散策がしやすい街です。

前述の通り、日本人が他の年に比べると多いため、いきなり英語に触れるのが怖い方やローカルでの生活に慣れていない方は特におすすめの場所です。

さらに他の主要都市に比べ、家賃が安く、物価も安いです。

そのため、仕事がなかなか見つからない場合やジャパレスという賃金が基準よりも安い違法な職場、貯金をしたい方にも向いています。

ただ、電車が観光用のものしかないため、少し郊外に住むことになると、交通手段が限られてくるため、不便です。

パース

西の都と呼ばれるパースです。

メルボルンやシドニーほど発展はしていませんが、近年では一番開発が進んでいる都市です。

そのため、物価や家賃もそれほど高くなく、過ごしやすい都市です。

スワン川という大きな川があり、自然がたくさんあるのもパースの特徴です。

日本人がまだまだ比較的少ないので、他の国から来た友だちを作りたい場合にはもってこいの都市です。

ただ、主要都市で唯一西側にあるということもあり、航空券も少し高く、休日などに他の都市に行きたいと思って、取ろうとしても時間もかかり、高いので、あまり向きません。

一方で、パースからはフリーマントルという中世の街並みを残した小さな港町があります。

フリーマントルでは週末、市場が開かれるため、買い物ができたり、海もすぐ隣の駅にあるため、ビーチで遊ぶこともできます。

ホバート

聞いたことない方も多いかもしれません。

ホバートはシドニーなどと同じ大陸ではなく、そのすぐ下にあるタスマニアと呼ばれる島の主要都市になります。

全体的に人口が少なく、もちろん日本人も少ないです。

そのため、ゆっくりとしたときが流れているのが特徴です。

オーストラリアの他の都市に比べ、『平和』という言葉が一番似合う都市です。

一方で仕事を見つけにくいこともあげられます。

他の都市に比べ、日本人が少ないため、ジャパレス(日本食レストラン)も少ないです。

また、観光がメイン産業であるため、ある程度の英語力もしくは中国語力を求められます

どちらかの言語力をしっかり身につけた後であれば、とても良い都市です。

また、大陸は異なるものの、メルボルンには意外と近いため、休日などに遊びに行くこともできます。

大切なのは【滞在期間の長さ】

都市を選ぶ方法として、『お金を稼ぐことができる』だったり、『オーストラリアを感じることができる』だったり、『海外の友だちをたくさん作ることができる』だったり、様々な観点があります。

選ぶ理由はそもそも『どうしてワーホリに行くのか』で選ぶと良いです。

ワーホリに行く理由が『英語を学ぶため』であったら、できるだけ日本人がいない都市を選ぶべきですし、『人生経験のため、休憩のため』であったら、レジャーが多く、おもしろいものがそろっている都市でも良いでしょう。

一方でどこにどれくらい滞在するかは『暮らしたい都市がどこなのか』で決めると良いでしょう。

ワーキングホリデーの期間は1年しかありません。

人によってはセカンドビザを取るために、農業や漁業、畜産などに3ヶ月従事する方もいるでしょう。

短い期間の間でそこまで多くの都市で生活をすることはできません。

仮にセカンドビザを取らずに、1年間オーストラリアにいるとすると、多くても2都市での生活にしましょう。

たくさんの都市で生活してみたい気持ちはわかりますが、仕事のことや生活のことを考えると、

それ以上の場所で生活するのは、あまり現実的ではありません。

新しい街に行くと、その都度、仕事を探したり、シェアハウスを探したりしなければなりません。

最低でも1ヶ月はかかります。

人によっては時期が悪かったりして、3ヶ月仕事が決まらない方もいます。

ですので、ワーホリ期間の12ヶ月のうち、うまく仕事を見つけられたとしても、10ヶ月間のみその土地で落ち着いて生活をすることができます。

そのような背景もあり、実際に生活する街は2つくらいにしておくのが良いです。

他の都市にも行ってみたい気持ちももちろんありますが、少し長めの1週間程度の旅行でも、実は十分楽しめたりします。

心配な方はエージェントに頼むのもあり

ここまで、穴場な都市をまとめてきましたが、実際にはじめて海外で長期間生活をするとなると不安な方も多いです。

ほとんどの方がはじめて日本語ではない言語で、日本人ではない人たちと、日本ではない土地で、生活をするので、その不安を感じるのは当たり前です。

海外経験者、特にワーホリ経験者に相談することが、一番の解決策であり、おすすめなのですが、周りにワーホリ経験者がいないという人も多いでしょう。

そんなときはワーホリや留学エージェントに頼るのも手です。

最近では、手数料無料の留学エージェント【Global Dive】

というサービスもあるので、 一度相談に行くのもおすすめです。 

つま職はオーストラリアにワーホリに行きましたが、 カナダも実はおすすめです。 

アメリカに近いことやきれいな英語を話すことで有名です。 

オーストラリアの次に人気のワーホリ先です。 

カナダ現地留学エージェントの【カナダジャーナル】 では、

無料相談も行なっていますので、 カナダでのワーホリと迷っている方は、 情報収拾で利用してみるのもありです。

また、海外ではなにが起きるか全く想像がつかないため、保険に入っておくことをおすすめします。

海外旅行保険のAIG なら、様々なプランがあったり、オンラインで全て完結するため、出国前にしっかりと加入しておきましょう。

日本を出る前にできるだけ不安なところは減らし、有意義で悔いのないワーホリに生活にしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

オーストラリアには有名なシドニーやメルボルンではない個性的ですてきな都市もたくさんあります。

せっかくのワーホリなので、少し穴場のような都市に住んでみるのもありですね。

みなさんのワーホリが実りあるものになるように願っています。