【穴場】大塚で暇つぶしするならココ!4選

こんにちは。つまみ食い職人です。

山手線沿線にある大塚駅。アニメの町池袋駅とお年寄りの原宿巣鴨駅に挟まれた大塚駅。

実は密かにブームがきています。

もともと山手線沿線で都電荒川線も通っており、

東京メトロ丸ノ内線新大塚駅の乗り換えもできる場所なので、

交通の便は良い大塚。

また、大塚阿波おどり祭りや天祖神社祭りなどは昔から有名なお祭りで、

東京都内はもちろん関東近郊から様々な方がその時期には大塚に集まります。

近年では南口広場は再開発され、広くなり、多種多様なイベントが行われています。

また、北口はこれまで夜の街のイメージが強かったですが、

星野リゾートによるOMO5やおにぎり屋さんとしてミシュランに登録されたぼんごなど、

これまでのイメージを払拭しようと街をあげて頑張っています。

大塚駅周辺はこれまで、池袋と巣鴨の間にあり、

ただの通過する駅だったところを、家賃が比較的安いことも受け、

近年注目を浴びてきています。

今回はそんな大塚でちょっと時間があるなという方向けに、

穴場で暇つぶしできるスポットを4つご紹介します。

①【穴場】大塚で暇つぶしするならココ!〜夜:立ち飲み居酒屋ドラム缶〜

②【穴場】大塚で暇つぶしするならココ!〜表参道:irodori〜

③【穴場】大塚で暇つぶしするならココ!〜くつろぎ:-LiCoD-リコード〜

④【穴場】大塚で暇つぶしするならココ!〜学び:学びのサロン 新大塚塾〜

⑤まとめ

①【穴場】大塚で暇つぶしするならココ!〜夜:立ち飲み居酒屋ドラム缶〜

大塚は意外にも飲み屋がたくさんあります。

特に北口ののれん街をはじめ、北口にはチェーン店が多いです。

一方南口は少し昔ながらなあたたかみのある個人店が多くあります。

そこで、おすすめしたいのが立ち飲み居酒屋ドラム缶 大塚店

一応チェーン店ではありながら、まるで個人店のように裁量が大きく、

店主や従業員さんの色がはっきりと出ているのが、ドラム缶酒場の特徴です。

大塚店は夫婦で経営をされており、旦那さんはキッチン、奥さんはカウンターと、

仲睦まじくお店をやられています。

立ち飲みスタイルが特徴で、テーブル代わりにドラム缶が店内に。

なかなか斬新なスタイルで、隣のドラム缶との距離も近いので、

どんな方でもすぐ馴染むことができます。

さらに、お食事やドリンクに関しては激安の100円台から。

サックと飲みたいときはもちろん、友人とわいわいしたいときなどにも最適です。

最近話題のせんべろもできるお店なので、

ちょっとした時間にも、暇つぶしに使うこともできます。

立ち飲み屋居酒屋ドラム缶 大塚店(詳細はこちら)

②【穴場】大塚で暇つぶしするならココ!〜表参道:irodori〜

再開発とともに、おしゃれなお店が増えている大塚。

irodoriはそんな中でも先を走っています。

「大塚の表参道」をキャッチフレーズに、

オーガニックな食品から化粧品、日用品からギフトまで取り扱っています。

いわゆるインスタ映えが大塚で欲しくなったら、irodoriに行きましょう。

大塚随一のインスタ映え写真を撮ることができます。

大塚駅から徒歩3分という立地も良いです。

代表の鈴木さんの想いもすてきで、すてきなお店になっています。

大塚で表参道を感じたくなったときはぜひirodoriへ。

オーガニックショップirodori(詳細はこちら)

③【穴場】大塚で暇つぶしするならココ!〜くつろぎ:-LiCoD-リコード〜

大塚で少し疲れたなと感じたときは、

大塚で唯一のハンドメイド雑貨屋さん-LiCoD-リコードがおすすめです。

「好きを、遠慮なく言える場所。」をコンセプトにハンドメイド雑貨の販売

イベントの開催レンタルスペースとしての貸し出しを行なっています。

雑貨屋さんでありながら、店内にはイスが多くあり、また靴を脱ぐスタイルになっているので、

まったりとゆったりとくつろぐげ、暇つぶしをすることができます

店内には、様々な個人で活躍されている作家さんの作品を展示販売しており、

個性的でユニークなものからおしゃれですてきなものまで幅広く扱っています。

中にはドリップコーヒーも置いているので、

コーヒーを飲みながらゆったりと雑貨を選ぶ、なんてこともできます。

雑貨屋さんにも関わらず、飲食持ち込み可なので、近くでお弁当などを購入して、

リコードでゆったり食べる、そのような使い方もできます。

また、月の半分以上イベントをしているお店でもあるので、

そのイベントに参加したついでに雑貨を購入することもできます。

さらには、カフェスタイルのような落ち着いた店内を貸し切ることもできます

ホームパーティーやママさんのお茶会、ちょっとした会議など使い方は無限大。

様々な用途に対応をしています。

立地はちょうど山手線大塚駅と東京メトロ丸ノ内線の間くらいで、

どちらからも行きやすい場所になっています。

大塚で暇つぶしといえばここです。

くつろぎの雑貨屋さん-LiCoD-リコード(詳細はこちら)

④【穴場】大塚で暇つぶしするならココ!〜学び:学びのサロン 新大塚塾〜

最後は少し変わった場所です。

新大塚駅からの方が近いんですが、大塚駅からでも6分という好立地です。

毎週水曜日、木曜日、金曜日に講師の方をお呼びして、塾を開講している

学びのサロン 新大塚塾です。

オーナーさんもおもしろい方で、すてきなおじさんです。

その講師陣がおもしろく、いわゆる素人の方々が座談会形式でお話をされています。

某東進ハイスクールのように立派な講師陣はいませんが、

普段は生徒の方々と同じで学んでいる立場なので、日本一生徒と近い塾とも言えそうです。

誰でも講師になることができる、そんなサロンになっています。

素人でも例えば営業を10年やっていたら、もうそれは他の人から見たらプロで、

タメになるお話もあるだろうというモットーのもと、開かれています。

平日の夜のみ開講している塾。なんだか不思議な感じがします。

これまで、スポーツビジネス界で活躍されている方の裏側やどうやったらなれるかの授業や、

働き方改革の裏側、本音を明かす授業など多種に富んでおり、

毎回お話が変わるので、おもしろい限りです。

学びのサロン 新大塚(詳細はこちら)

⑤まとめ

いかがでしたでしょうか?

駅再開発とともに個性的なお店も増えている大塚

池袋と巣鴨の間にあるので、乗り換えや待ち合わせなどの暇つぶしにはもってこいの場所です。

今回ご紹介させていただいたお店はどれも開店して、まだ間もないため、

知る人ぞ知るお店となっています。

どのお店もすてきなので、今後注目度がアップしてくるに間違いありません。

これからさらに盛り上がってくる大塚。

あなただけの行きつけの暇つぶしのお店を探してみてはいかがでしょうか?